初の新車購入に至るまでの経緯と感想

私は今年で31歳になる男ですが、先日新車を初めて購入させて頂きました。
購入したのは私ですが、普段は妻が乗る物なので軽ワゴンを購入しました。
その前は結婚当時に新古車で購入した、スズキのラパンと言う車に乗っていましたが、子供が増えて、成長するに連れて、子供を乗せると荷物が何も乗らないと言われ、購入を考え出したのが丁度購入の1ヶ月前になります。

買う軽ワゴンはスズキのエブリィワゴンと決まっていました。
車内が広く、子供3人乗せても余裕でトランクに荷物が乗ります。
フォルムも我が家の好みに合っていましたので他の選択肢はありませんでした。
最初は中古で探して見ていたのですが、自分達の希望する装備がなかなか見つからず、新車で自分たち好みの車にした方が愛着も湧くし長く乗っていけると思い、今回の初購入になりました。
ラパンの時は狭すぎて家族での移動がキツキツでした、保育園の迎えなどに行くと、一度家に戻らないと買い物にも行けない状態でしたので、その無駄な時間がストレスになっていましたが、エブリィワゴンに乗り換えてからは迎えの後に買い物にも行けて、大量に買い込んだとしても余裕持って乗せれます。
両側電動スライドドアなので、子供を抱っこしたままでも開け閉めが簡単なのもかなりのメリットです。
軽にしては少し値段が高いですが、今のストレスのない生活を買ったと思えば我慢できる値段だと思います。

展示車両なら新車もお得に手に入る!

我が家は昨年10年、10万キロ以上乗ったダイハツ・エッセからキャストに買い替えました。買い替え時の予算は潤沢には有りませんでしたので、当初は中古車で良いかなと思いましたが、軽自動車の中古は意外に高く迷っておりました。某ディーラーにて中古車を眺めていると、販売員の方から展示車両(走行5km)のキャストを勧められました。登録はされており(ナンバー付き)中古車扱いでしたが、車両の内部も大変きれいな状態でした。また、新車と遜色なく、色も好みのブルーだったこともあり、即決しました。お値段も格安で、新車価格の25万ほど安かったです。
展示車両ですから、大勢の人がドアを開け閉めしたり、ハンドルや計器類を操作をしたり、
エンジンをかけたりはしているとは思いますが、これだけ安く新車同様の車両が手に入るのですから、私みたいに気にならなければ、お得だと思います。新車の購入をご検討されている方は、一考の価値は有ると思います。軽自動車ではなく普通車をお探しであれば思わぬ割引価格で手に入れることができるかもしれませんね。

やっぱり軽は経済的。能力アップでもう安全。

私はダイハツのムーヴを昨年末に購入しました。それまでは普通車を使っていたのですが、経済的に色々と苦しくなり、車に掛かる費用を減らそうと、会社に来ていただいているライフプランナーの方と話し合って軽自動車を購入することになりました。車が無くてもいいじゃん、と思われるかもしれませんが、私は地方都市に住んでいて、自動車が無くては生活が成りたちません。車を購入する前にいくつかメーカーを回り、試乗させてもらいました。軽自動車自体に久しぶりに乗ったのですが、今の軽自動車はここ数年で驚くべき進化を遂げていると思いました。まずドアの重厚感が増しています。昔は開閉の際、金属的な音がしていたのですが、普通車と感触があまり変わりません。次に驚いたのがハンドルの軽さです。10年ほど前の軽自動車はハンドルが固く、これではとても高速に乗れないと思っていましたが、ハンドリングも普通車と変わりません。また席の折り畳みも進化していて、どの車も収納スペースが増やせるようになっていました。軽自動車を見直しました。その中でもダイハツのムーヴが特にすべての面において優れていたので、そんなに迷うことなく購入を決めました。新車で購入し、6年ローンで完済できるよう、予定を組みました。もし軽にしばらく触れていない方がいらっしゃいましたら、久しぶりに触れてみることをお勧めします。その進化に驚くと思います。